揺れる女ごころを鮮烈に描く、川端康成の傑作小説『女であること』